トモショクProjectキックオフ
NPO法人ファザーリング・ジャパン
新プロジェクト
働きながら、家族がトモに
食事ができる世の中を創る
トモショクProject
キックオフシンポジウム開催

主催:NPO法人ファザーリング・ジャパン

日時:2019年6月25日(火) 14:15受付 14:30開始 16:30終了

場所:文京シビックセンター26F スカイホール

住所:東京都文京区春日1‐16‐21

交通機関:
東京メトロ後楽園駅・丸ノ内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分 JR総武線水道橋駅(東口)徒歩9分 定員:50名(先着順)

参加費:無料

参加申込方法:
Peatixから無料チケットを申し込む

トモショクProjectホームページから申し込む。

参加対象者:
・トモショクProjectに興味がある、個人、企業、団体

・トモショク宣言を検討している企業、団体、大学、自治体の関係者

トモショクProjectとは:
働きながら父親や、共働き家族が、家族や友人と食事を共にする時間が作れる、働き方・生き方を推進する、父親支援のNPO法人ファザーリング・ジャパンの新プロジェクトです。

スケジュール(予定):
14:30~
挨拶:
トモショクProjectリーダー 滝村雅晴|パパ料理研究家|株式会社ビストロパパ代表取締役  NPO法人ファザーリング・ジャパン代表 安藤哲也

14:40~
トモショクProject概要説明 滝村

15:00~
シンポジウム
テーマ: 「なぜ今、トモショクが必要か。トモショクで変わる父親の働き方」(仮)
登壇者情報随時更新

15:30~ 休憩

15:40~
参加者ワークショップ
テーマ:「私のトモショク術」(仮)
各テーブルファシリテーター:ファザーリング・ジャパンメンバー

16:10~
参加者トモショク宣言/振り返り

16:30 終了/アンケート回収/ネットワーキング

~17:00
撤収

先の国会で成立した働き方改革関連法案により、労働基準法が改正され、労働時間の上限規制が設けられ、社会全体として、長時間労働を削減するための流れが起こっています。長時間働くことで、1日中ひとりで食事をする「孤食」が増えている現実もあります。 そこで大事なことは、「なぜ長時間労働を削減するのか」の理由です。

個人が自分の趣味や生活として自由に使える時間があることが大切です。そして、特に夕食を家族や友人などとともに食事をする機会が勤務後にある暮らしは、豊かな人生に繋がり、結果的に仕事の生産性もあげていくのではないでしょうか。

社会のインフラや環境も整い、働く場所や時間も自由になってきています。仕事のために暮らしを変えるのではなく、楽しく食卓を囲むために、働き方を変える。これこそが生き方改革につながります。

働きながらも、夕食を家族や友人と食卓囲み食事をする生き方をすることで、生き方改革を進める、共に食卓を囲む時間や回数を増やすプロジェクト、「トモショクProject」を立ち上げます。

人生100年時代をイキイキと過ごし、日本の未来をトモに作っていきましょう。

NPO法人ファザーリング・ジャパン
トモショクProjectリーダー
パパ料理研究家
滝村雅晴