父の日に、ネクタイじゃなく、

エプロンを贈れば、

もっと笑顔の食卓が増えると本気で思って、

14年勤めた会社を辞めて、

企画書書いて、

ノーアポで飛び込んだのが、

一澤信三郎帆布さん。

父の日に贈る、

パパエプロンを一澤信三郎帆布で作りたくて。

なぜなら、結婚して買った、

一澤帆布のエプロンが気に入って、

着続けた結果、

パパ料理に目覚めて家族の笑顔が増えたから。

創業以来100年間以上、

一度も商品の卸を されていない一澤信三郎帆布。

いきなりやってきた僕の話を信三郎社長が聞いてくださり、

「責任じゅうだいやな~」

「じゃあ、ここに、ビストロパパのタグつけはりますか」

と、

その場でコラボエプロンの作成販売を承諾。

パパエプロンを作ってくださいました。

ビストロパパのロゴと、信三郎帆布のWネームで。

あれから10年。

売れて無くなったら作ってもらい、

当時と変わらぬデザインで、

10年間販売し続けてきました。

おかげ様で、今年、コラボパパエプロン発売10周年。

本当にありがとうございました。

たくさんのパパたちが、一生ものの帆布のエプロンを、

全国で着てくれています。

きっと食卓の笑顔が増えたはずです(笑)

感謝の気持ちを込めて、 ありがとうキャンペーンを開催します。

来週6月16日(日)は父の日。

エプロンが似合うパパが、また増える日になりますように。

パパ料理研究家 滝村雅晴

Bistro Papa Online Shop