男性・父親の家事参画推進、共食/トモショク推進のための講演・研修・講義・コンテンツ提供を行う株式会社ビストロパパ/パパ料理研究家 滝村雅晴のオフィシャルHPです。

代表|パパ料理研究家 滝村雅晴プロフィール

  • HOME »
  • 会社概要 »
  • 代表|パパ料理研究家 滝村雅晴プロフィール

パパ料理研究家滝村雅晴1_1 _1私は、唯一の「パパ料理研究家」として、世の中を豊かにしていくための活動および事業を展開しています。

昨今、親が子どもを殺したり、子どもが親を殺したり、病気や難病をかかえる子どもを持つたくさんの悩める家族や子どもたちがいます。 その背景に、「父親」という姿がどうしても見えませんでした。 家族が幸せになるかどうかは、とても父親の役割が大きいと思います。

21世紀、100年に1度の不況といわれる世の中を、元気にするのは、「笑っている父親」だと思っています。

元気なお父さんが、家族を盛り上げ、家事、育児を母親と同じように共同で行い、母親が社会で再び活動することになり、男女ともに自らの夢をかなえられる世の中こそ「元気な日本」ではないでしょうか。笑顔で、夢をもった、お父さん、お母さんがいてこそ、その背中を見て、大人になることを夢見る子供たちが育ちます。 そんな、元気で「笑っている」父親をたくさん増やすための方法を、私は「料理」を通じて行っていきます。

たくさんのお父さんが、家族の笑顔を見たくて、料理をする、気がつけば、食卓は笑い声であふれている、そうなれば、どんな不況でも、どんなに仕事が大変でも、毎日の人生を楽しむ、豊かな家族と社会になっていくのではと思っています。

2019年の4月には創立10周年を迎えます。父親も時代も時間を重ねて変化し続けています。日本パパ料理協会には、全国に同じ思いをもったパパたちがたくさんいます。パパの料理塾には、気づきを経て自ら変わっていくパパたちがいます。その先には、きっと、「おふくろの味」ならぬ「おやじの味」が文化として根付くでしょう。パパ料理を通して、お父さんたちも働き続けられる健康な体を保つことができます。本当に、世の中が豊かになることを確信しています。そして、 料理は食べることより、食べてもらう相手がいることのほうが尊いのです。

 「すべてはたった一人の本気からはじまります」

ご支援、ご協力のほどどうぞよろしくお願い致します。

滝村雅晴
パパ料理研究家|株式会社ビストロパパ代表取締役
*プロフィール詳細PDF

プロフィール

滝村雅晴(たきむら まさはる)
パパ料理研究家株式会社ビストロパパ代表取締役
パパの料理塾主宰
日本パパ料理協会 会長飯士
農林水産省食育推進会議 専門委員
大正大学客員教授
株式会社Fam-Time co-founder|CMO
日本パパ料理協会  会長飯士
パパさかな大使代表
広報PRブランディングコンサルタント
NPO法人ファザーリング・ジャパン トモショクPJリーダー
NPO法人グリーンパパ・プロジェクト理事

食育、男女共同参画、WLB、働き方改革を、男性の家事料理参画をから推進する、日本で唯一のパパ料理研究家として活動。しかし結婚した当初は、仕事外食三昧で料理をしたこともありません。それが長女の誕生をきっかけに料理に目覚め、家族のために作る料理をパパ料理と定義し、パパ料理研究家として独立起業。男性の家事参画を通した女性の社会進出を進めるなか、2011年最愛の長女が難病に。翌年8歳で天国に旅立ちました。「家族で食卓を囲む回数は有限」なんだ。家族がトモに食事ができることは当たり前ではないことを世に伝え食卓の笑顔を日々増やし、オヤジの味を文化にすることを目指しています。

1993年3月          立命館大学産業社会学部卒業
1993年4月         株式会社ユー・ピー・ユー入社。新卒採用/学校法人PR・コンサルティング業務に従事。
1995年2月          デジタルハリウッド株式会社のスタートアップ時に第1号社員として入社。広報・宣伝・PR・ブランディング業務を中心に従事。スクール事業部長兼執行役員/広報戦略部長等歴任。同社を09年3月末で退職
2009年4月          株式会社ビストロパパを設立。代表取締役に就任 パパ料理研究家として活動
2009年6月          BistroPapaOnlineShopオープン 一澤信三郎帆布コラボエプロン発売
2010年10月        「ママと子どもに作ってあげたいパパごはん」マガジンハウス出版
2011年4月          「パパ料理のススメ 父親よ大志を抱け」赤ちゃんとママ社出版
2013年10月        「新しいパパの教科書」学研(執筆協力)出版
2013年12月        内閣府食育推進会議専門 委員就任
2014年4月        大正大学 客員教授就任/日本パパ料理協会会長就任
2015年2月          親子の日大使就任
2015年6月          NHKきょうの料理 親子出演
2016年3月     NPO法人グリーンパパ・プロジェクト監事就任
2016年5月         農林水産省食育推進会議専門委員就任
2017年11月       パパの料理塾開校 塾長就任
2018年1月          「パパ入門ガイド」池田書店(執筆協力)出版
2018年3月      パパさかな大使代表就任
2018年7月          料理が学べるアプリ「FamCook」共同開発
2018年11月        株式会社Fam-Timeの取締役就任
2019年3月          ブログ「ビストロパパ パパ料理のススメ」毎日更新13年達成
2019年4月          株式会社ビストロパパ創立10周年/日本パパ料理協会創立5周年/第1回 月間親子の日賞受賞
2019年6月          NPO法人ファザーリング・ジャパン トモショクProjectリーダー就任
2019年7月         NPO法人グリーンパパ・プロジェクト理事就任

専門分野

食育/共食/家事/家事シェア/料理シェア/男女共同参画/ワークライフバランス/子育て/イクメン/命の大切さ/健康/広報/ブランディング/独立起業

講演内容

テーマ1:パパ料理・トモショクで家族を笑顔に /「家族で食卓を囲む回数は有限 ~トモショク(共食)のススメ~」

ジャンル 食育/共食/健康/いのち/イクメン/男女共同参画/ワークライフバランス

①特に父親が家族との食事の時間を大切にしたくなる。②料理のハードルが下がり苦手意識がなくなる ③チーム家族で家事料理をするポイント がわかる講演です。男の料理は趣味料理。パパの料理は家族のための料理。男性が料理をすることで自分や家族が自由になれます。料理をまったくしなかった講師が、どうやってパパ料理研究家になったのか。料理が苦手な人がどうすれば料理をするようになるのか。パートナーに料理や家事をしてもらいたい妻はどうしたらいいのか。親子で料理をする大切さ、共に食事をすることで心と体が健康になる理由について伝えます。10年間で6000人の男性に伝えて分かったノウハウを紹介。環境に合わせた、料理実演デモや参加者へのレシピ提供も行います。

テーマ2:家族で食卓を囲む回数は有限。食べることは生きること

ジャンル 食育/共食/健康寿命/いのち/イクメン/男女共同参画/ワークライフバランス

最愛の長女が難病にかかり天国に旅立ちました。8歳8か月でした。その経験から、家族で食事をすることの大切さ、家族の絆ついて「家族で食卓を囲む回数は有限」というメッセージを伝えます。また、長女の病気を治すために健康になるための食について学び実践してきました。人は生きるために食べなければいけません。何を食べたかでその人の人生や健康は左右されます。家庭でできる健康を維持するための食生活健康法、健康寿命を延ばすために何をすればいいか。また親が知っておくべき子どもの健康を維持するための食生活習慣や食育を理解し、共に家族で食事をすることで、親子のココロとカラダの健康につながる話を伝え、その日からすぐに実践できる方法をお伝えします。

テーマ3 トモショクのススメ。働く人が、働きながらトモに食事ができる世の中を

ジャンル 働き方改革/男性の家事推進/育休推進

働き方改革関連法案により、労働基準法が改正され、労働時間の上限規制が設けられ、社会全体として、長時間労働を削減するための流れが起こっています。大事なことは、「なぜ長時間労働を削減するのか」の理由。個人が自分の趣味や生活として自由に使える時間があることが大切です。特に夕食を家族や友人などとともに食事をする機会が勤務後にある暮らしは、豊かな人生に繋がり、結果的に仕事の生産性もあげていくのではないでしょうか。社会のインフラや環境も整い、働く場所や時間も自由になってきています。仕事のために暮らしを変えるのではなく、楽しく食卓を囲むために、働き方を変える。これこそが生き方改革につながります。働きながらも、夕食を家族や友人と食卓囲み食事をする生き方をすることで、生き方改革を進める、共に食卓を囲む時間や回数を増やすプロジェクト、「トモショクProject」をNPO法人ファザーリング・ジャパンが立ち上げました。本講演はトモショクProjectリーダーの滝村が、どのようにトモショクすればいいか。事例やワークショップ、参加者によるトモショク宣言を通して、企業や個人の働き方改革を推進する講演・研修です。

テーマ4 一人から始められる広報PR術「2ワード・オンリーワンコンセプト」でブランディングする方法

ジャンル 広報/ブランディング/独立起業

日本で唯一の「パパ料理研究家」として、料理教室やセミナーをはじめ、新聞各社取材やコラム掲載、テレビ出演などメディア露出している株式会社ビストロパパ 代表取締役 滝村雅晴による自身の経験と実践した結果のノウハウを参加者に伝えます。例えば、2019年3月に、朝日新聞、読売新聞、日経新聞、産経新聞の取材および連載コラム掲載。4月に開発中の料理教室アプリがNHKおはよう日本で紹介。5月には、NHKあさイチの特集でスタジオ出演。そうなった秘訣は何か。ぶれないコンセプトで情報発信をし続けることで、共感を呼びファンを増やす、小さな会社からひとり起業でも始められる広報PR術とブランディングの方法を伝えながら、ワークショップを通して自社・自分のPRコンセプトを探すセミナーです。その場で参加者のPRポイントを数分ヒアリングするだけで、その人に成り代わって即興自己PRするパフォーマンスも行います。

講演・料理教室・イベント実績

東京ガス/千葉ガス/大阪ガス/西部ガス/JA全中/日産/日本郵便/パナソニック/アサヒビール/宝酒造/カゴメ/ハウス食品/京セラ/日本トリム/マルハニチロ/オタフクソース/ダノンジャパン/サーモス/NHKプロモーション/京セラ/PwC/JTBグローバルマーケティング&トラベル/プルデンシャル生命/日本生命/レタスクラブ/京都高島屋/阪急三宮/阪急阪神百貨店/西武池袋/日本新薬/かんぽ生命/ダッドウェイ/ニフティー/TOKYO FM/貝印/OXO/日清フーズ/ケンコーマヨネーズ/東京ベイ舞濱ホテルクラブリゾート/GSK/北陸銀行/北陸電力/インテック/クルール・プロジェ/電通/ベネッセコーポレーション/するが銀行/産経新聞社/絵本ナビ/あきない総合研究所/リヴァ/ミューザ川崎/立命館大学/山梨大学/三重大学/大正大学/デジタルハリウッド大学/自由学園/日本冷凍食品協会/情報産業労働組合連合会/日立労組/日立SK労組/コニカミノルタ労組/NTT労組/キャノン労組/キャノンマーティング労組/NEC労組/近畿日本ツーリスト労組/サービス・ツーリズム産業労組連合会/堺女性大学/日本女性会議2010・2015/社団法人全国保健センター連合会/ワークライフバランス研究会/バースセンス研究所/NPO法人ファザーリング・ジャパン/兵庫県赤穂市PTA/日本冷凍空調学会国際大会/大日本水産会/JF共水連/全国女性会館協議会/国際女性ビジネス会議/一般社団食べるトレーニングキッズアカデミー協会/川崎市戸小学校PTA/川崎市上作延小学校PTA/川崎市麻生小学校PTA/稲城小学校/麻生中学校/川崎市幼稚園協会/ちよがおか幼稚園 他

内閣府/復興庁/東京都/千代田区/文京区/新宿区/目黒区/杉並区/港区/豊島区/荒川区/足立区/江東区/台東区/日野市/西東京市/町田市/調布市/三鷹市/多摩市/立川市/福生市/武蔵野市/武蔵村山市/神奈川県/川崎市/幸区/麻生区/宮前区/横浜市戸塚区/港北区/藤沢市/横須賀市/逗子市/平塚市/埼玉県/新所沢市/飯能市/富士見市/加須市/越谷市/千葉県/千葉市/浦安市/船橋市/市川市/松戸市/四街道市/茂原市/栃木県/宇都宮市/群馬県/茨城県/水戸市/那珂市/愛知県小牧市/牧野市/名古屋市/静岡県/富士市/焼津市/秋田県/潟上市/大仙市/青森県/青森市/黒岩市/八戸市/七戸市/つがる市/三沢市/岩手県一関市/福島県南相馬市/山形県/三重県/いなべ市/名張市/尾鷲市/石川県金沢市/福井県/大阪市/大阪府茨木市/京都府/京都市/上京区/舞鶴市/滋賀県/兵庫県赤穂市/広島県/取手市/岐阜県/岡山県/倉敷市/真庭市/鳥取県/徳島県/愛媛県/北海道帯広市/石狩市/福岡県久留米市/大分県別府市/熊本市/長崎県/沖縄県 他

連載/レギュラー企画

・産経新聞毎月第3木曜日朝刊連載「滝村雅晴のパパ料理のススメ」
・日経新聞毎月第4火曜日夕刊連載 時短家事(2018年11月~2019年3月)
・パパ向け育児支援アプリ・Webサイト「パパコミ」料理コラム連載 
・パパさかな大使プロジェクト 今月のパパさかなレシピ連載
・ニトリ×ビストロパパ コラボ企画 ウチソトレシピ
・子育てパパスタイル(Web)レシピ|随時更新
・おとりよせネット お取り寄せの達人(Web)商品紹介&コラム
・情報労連機関誌「Report」コラム&レシピ|毎月発行
・子育てフリーペーパー「miku」レシピ|年3回発行
・荒川区立男女平等推進センター情報誌「アクト21インフォメーション」 連載
・NHKラジオ第一放送「すっぴん!」毎週水曜日料理コーナーレギュラーコメンテーター出演(2014年4月~2015年3月)
・毎日小学生新聞「パパとめざそうビストロキッズ」レシピ|毎月第4日曜日掲載(2012年4月~2015年3月)
・時事通信配信 地方紙連載「家庭にもっとパパ料理 1~12」(中国新聞・富山新聞・大分合同新聞・十勝毎日新聞・デイリー東北等)
・鍋焼きうどん・冷凍麺のキンレイ「いざ!という日の男レシピ」(Web)
・ソフトバンク動画コンテンツ「選べるかんたん動画」レシピコーナー担当|毎月動画公開
・学研の月刊保育絵本「みみちゃんえほん」「よいこのくに」の付録「ポッケ」にレシピ監修
・ヨシケイ「おかず倶楽部」(フリーペーパー)コラム
・日本冷凍食品協会Webサイト「月刊フリージー」レシピ&コラム
・週刊文春「目指せ!料理のできるお父さん!」Vol.1~6
・静岡発!子育て&学校情報誌「ファミリス」コラム
・保険見直し本舗発行 ホケポン通信(フリーペーパー)レシピ
・フリーペーパー「吹く島」コラム&エッセイ|隔月刊連載
・京都市児童館学童連盟「キッズステーション」コラム|年4回
・スミフルプレゼンツ ウルトラビューティーフルーツセブン 連載
・「月刊おあじはいかが」レシピ|隔月刊連載開始
・川崎市男女共同参画センター情報紙「すくらむ」連載
・新百合ヶ丘L・FOODSオリジナルレシピ 店舗設置
・FQ Japan 公式Webサイト連載「家族に伝えたい!食育講座」|毎月連載
・全トヨタ労連広報誌「Z・ONE」レシピ|毎月発行(2011年1月~2016年12月)
・NEC労働組合報誌「NWU-COM」コラム&レシピ|毎月発行
・子育てママ応援Webマガジン「クルール」コラム&レシピ|隔月刊発行
・地域創生のための総合情報「地域人」大正大学出版会 連載 地知志食(ちちししょく)|毎月10日発行(2015年9月~2018年3月)
・トクバイニュース コラム&レシピ連載

メディア出演・掲載実績

NHK「あさイチ特集『料理シェア』」「きょうの料理」「かんたんごはん」「まいにちスクスク」「ひるまえほっと」/日本テレビ/TBS/フジテレビ/テレビ朝日/BSフジ/TOKYO MX/J:COMチャンネル/NHKラジオ第1/TOKYO FM/J-WAVE/横浜エフエム/bayFM/JFN/ABCラジオ/文化放送/日経新聞/日経プラス1/朝日新聞/読売新聞/毎日新聞/産経新聞/東京新聞/NHK出版/NHKウィークリー ステラ/AERA/こっこクラブ/たまごクラブ/かぞくのじかん/PHPのびのび子育て/日経ビジネス/日経Kids+/レタスクラブ/プレジデントFamily/婦人之友/婦人画報/枻出版/日経トレンディー/CHANTO/Hanakoママ/ぎゅって/PTA新聞/anan/東宝「恋妻家宮本」劇場用パンフ/日経DUAL/助産雑誌 他

タイアップ・コラボ

旭化成ホームプロダクツ/日清フーズ/東京ガス/伊藤ハム/マルヤナギ/JA/ハウス食品/森永乳業/親子の日/ヤマキ/ダノンジャパン/日本冷凍食品協会/オプト/ストウブ|ツヴィリング/パルシステム/IKEA/鎌田醤油/映画「愛妻弁当」/産経新聞/ニトリ/絵本ナビ/アイランド他

関係URL

株式会社ビストロパパ https://www.bistropapa.jp/
日本パパ料理協会 https://paparyouri.com/
トモショクProject  https://tomoshoku.jp/
オフィシャルブログ パパ料理のススメ http://blog.livedoor.jp/tuckeym/
パパさかな大使 https://37sakana.jp/papasakana/
BistroPapaOnlineShop https://shop.bistropapa.jp/
株式会社Fam-Time  https://fam-time.com

 

 

講師・講演・法人研修・連載・取材・レシピ企画・広報コンサルティング等 TEL 03-4590-7599 メールにて、お問合せください。info@bistropapa.jp

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Bistro Papa Inc. All Rights Reserved.